資金調達にも有利

会社を営業していくには、お金が絶えず流れていることが必要となります。赤字が出てもお金が流れている内は倒産になるわけではなく、お金が流れていないといよいよ倒産ということになります。黒字の経営だったとしても、お金が流れていないために倒産してしまうというケースもありますので、企業として営業活動を続けるためには資金の流れが非常に重要となります。

資金の流れが止まるタイミングとは、銀行から融資を断られてしまった場合のことを指し、赤字でも融資を受けられていれば会社は存続しますが、逆に言えば黒字でも融資を受けられないがために倒産するというケースも考えられるのです。

税理士事務所では、融資を受けるために必要となる資料についても作成の代行をしてくれることになります。銀行も慈善事業ではありませんので、融資したお金を利子込みで返済してもらわなければならず、したがって融資前には企業の経営状態について入念なチェックが繰り返されることになります。この時必要になるのが銀行を説得するための資料で、税理士に頼んでおけば、的確な説得力のある資料作りをしてくれることになり、引いてはこれが資金調達という面でも有利に働くことになるのです。

給料や保険の計算まで

事務所を開いてお客さんを多く取っているような税理士さんは、企業の運営に必要となる実務についても熟知していることが多く、包括的にサポートができるように、他の有資格者を雇用したり、提携したりしているものです。人を雇い、会社を経営するのであれば、月々の給料の計算や雇用保険の手続きや計算といった業務も必要となるわけですが、税理士事務所ではそういった手続きも行えるように有資格者を抱え込んでいますので安心です。

雇用保険の手続きを行うためには、具体的には社会保険労務士の資格が必要になりますが、税理士と手を組んでがっちりとサポートしてくれることになります。税理士は社会保険労務士の他にも、便利な資格を持っている人や企業と提携していることが多く、たとえば弁護士や司法書士、行政書士といった、特殊な資格を持って特殊な仕事ができる人たちと手を取り合ってサポートしてくれることになります。

もしも法的な問題が発生しても対応できる、司法書士ならば登記の依頼を任せられるなどなど、会社設立にあたって発生し得る問題にも柔軟に対処が可能になるのです。社長さんは税理士とだけ仲良くしておけば良いというわけではなく、こういった便利な有資格者とも仲良くしておく必要があります。

財務、会計を丸ごとサポート

税理士の仕事の基本は、会社の費用や利益を計算して、法律に従って税を計算することです。会社の設立当初から税理士事務所に経理・会計業務の相談をしておけば、設立後に経理業務や会計業務に困らずに済みます。

財務、会計は特殊な知識を必要とする業務で、資格を持っている人がこの業務にあたるのが望ましいものですが、社長さんがこの辺りの知識を持っていない場合には、設立後に大変な苦労をしてしまうことにもつながりますので、税理士に相談しておくことで、予備的な知識は身に付けておけるのがメリットとなります。場合によっては、必要になる会計業務を丸々請け負ってもらうことも可能で、これならば社長さんの負担もかなり軽減されることになります。

税理士事務所に会計業務を丸々サポートしてもらうことのメリットは、この他にも節税対策という点も挙げられます。設立当初から節税対策をしているのと、全く節税対策をしていないのとでは、発生する税金が数十万円から、場合によっては数百万円もの違いが出る可能性もありますので、税理士事務所に相談しておくことによって、かなりの恩恵を受けられることになります。日頃の会計業務から税金対策まで、幅広くサポートしてくれる頼れる存在といえます。

会社設立と計画性

起業するにあたり、法人格を取得して本格的に企業として活動を開始するためには、さまざまな手続きが必要となります。会社設立時にしっかりと計画を練っておくことは、事業を継続、拡大していくためにも必要不可欠ですので、設立前にはあらかじめ準備を進めておく必要があります。資金が限られている起業当初は、特にお金のことについてシビアに考えていかなければなりませんが、自分一人で全てを行おうとしてもなかなか上手にはいかないものです。資金の使い道と事業の計画を練ることは、ムダな費用を発生させないためにも重要と言えます。

会社設立時に税理士にサポートをしてくれるメリットはいくつもありますが、おおまかに言うならば、資金の相談や事業の計画を一緒に練ってくれることにあります。財務のスペシャリストである税理士は、実績がある税理士事務所であれば、これまでに幾度となく会社の設立に立ちあっているだけでなく、どのような成功事例と失敗事例があるのかを把握しているため、的確なアドバイスをもらうことができるのも魅力です。

会社を設立するために必要なノウハウについても心得ているため、社長さんにとって強い味方になることに間違いありません。それでは、会社設立時に税理士へ相談することで、具体的にどのようなサポートを受けることができるのでしょうか。税理士がしてくれるサポートの内容と利用するメリット、営業活動への影響について見ていきましょう。