給料や保険の計算まで

事務所を開いてお客さんを多く取っているような税理士さんは、企業の運営に必要となる実務についても熟知していることが多く、包括的にサポートができるように、他の有資格者を雇用したり、提携したりしているものです。人を雇い、会社を経営するのであれば、月々の給料の計算や雇用保険の手続きや計算といった業務も必要となるわけですが、税理士事務所ではそういった手続きも行えるように有資格者を抱え込んでいますので安心です。

雇用保険の手続きを行うためには、具体的には社会保険労務士の資格が必要になりますが、税理士と手を組んでがっちりとサポートしてくれることになります。税理士は社会保険労務士の他にも、便利な資格を持っている人や企業と提携していることが多く、たとえば弁護士や司法書士、行政書士といった、特殊な資格を持って特殊な仕事ができる人たちと手を取り合ってサポートしてくれることになります。

もしも法的な問題が発生しても対応できる、司法書士ならば登記の依頼を任せられるなどなど、会社設立にあたって発生し得る問題にも柔軟に対処が可能になるのです。社長さんは税理士とだけ仲良くしておけば良いというわけではなく、こういった便利な有資格者とも仲良くしておく必要があります。