資金調達にも有利

会社を営業していくには、お金が絶えず流れていることが必要となります。赤字が出てもお金が流れている内は倒産になるわけではなく、お金が流れていないといよいよ倒産ということになります。黒字の経営だったとしても、お金が流れていないために倒産してしまうというケースもありますので、企業として営業活動を続けるためには資金の流れが非常に重要となります。

資金の流れが止まるタイミングとは、銀行から融資を断られてしまった場合のことを指し、赤字でも融資を受けられていれば会社は存続しますが、逆に言えば黒字でも融資を受けられないがために倒産するというケースも考えられるのです。

税理士事務所では、融資を受けるために必要となる資料についても作成の代行をしてくれることになります。銀行も慈善事業ではありませんので、融資したお金を利子込みで返済してもらわなければならず、したがって融資前には企業の経営状態について入念なチェックが繰り返されることになります。この時必要になるのが銀行を説得するための資料で、税理士に頼んでおけば、的確な説得力のある資料作りをしてくれることになり、引いてはこれが資金調達という面でも有利に働くことになるのです。