会社設立と計画性

起業するにあたり、法人格を取得して本格的に企業として活動を開始するためには、さまざまな手続きが必要となります。会社設立時にしっかりと計画を練っておくことは、事業を継続、拡大していくためにも必要不可欠ですので、設立前にはあらかじめ準備を進めておく必要があります。資金が限られている起業当初は、特にお金のことについてシビアに考えていかなければなりませんが、自分一人で全てを行おうとしてもなかなか上手にはいかないものです。資金の使い道と事業の計画を練ることは、ムダな費用を発生させないためにも重要と言えます。

会社設立時に税理士にサポートをしてくれるメリットはいくつもありますが、おおまかに言うならば、資金の相談や事業の計画を一緒に練ってくれることにあります。財務のスペシャリストである税理士は、実績がある税理士事務所であれば、これまでに幾度となく会社の設立に立ちあっているだけでなく、どのような成功事例と失敗事例があるのかを把握しているため、的確なアドバイスをもらうことができるのも魅力です。

会社を設立するために必要なノウハウについても心得ているため、社長さんにとって強い味方になることに間違いありません。それでは、会社設立時に税理士へ相談することで、具体的にどのようなサポートを受けることができるのでしょうか。税理士がしてくれるサポートの内容と利用するメリット、営業活動への影響について見ていきましょう。