財務、会計を丸ごとサポート

税理士の仕事の基本は、会社の費用や利益を計算して、法律に従って税を計算することです。会社の設立当初から税理士事務所に経理・会計業務の相談をしておけば、設立後に経理業務や会計業務に困らずに済みます。

財務、会計は特殊な知識を必要とする業務で、資格を持っている人がこの業務にあたるのが望ましいものですが、社長さんがこの辺りの知識を持っていない場合には、設立後に大変な苦労をしてしまうことにもつながりますので、税理士に相談しておくことで、予備的な知識は身に付けておけるのがメリットとなります。場合によっては、必要になる会計業務を丸々請け負ってもらうことも可能で、これならば社長さんの負担もかなり軽減されることになります。

税理士事務所に会計業務を丸々サポートしてもらうことのメリットは、この他にも節税対策という点も挙げられます。設立当初から節税対策をしているのと、全く節税対策をしていないのとでは、発生する税金が数十万円から、場合によっては数百万円もの違いが出る可能性もありますので、税理士事務所に相談しておくことによって、かなりの恩恵を受けられることになります。日頃の会計業務から税金対策まで、幅広くサポートしてくれる頼れる存在といえます。